ピケティ『21世紀の資本』をわかりやすく解説します!

公開日: : テーマ解説

Thomas Piketty
by blu-news.org

トマ・ピケティというフランスの学者が書いた『21世紀の資本』という本がブームになっています。
資本主義が発展していく過程でどうして格差が拡大するのか、そして、格差をどう解消するのか、という点について膨大なデータを元に解説しています。

今回は、ピケティの『21世紀の資本』についてみていきます。

真面目に働くよりも資産を持つ方が儲かる

ピケティ氏が説明するのは、働いて得られる賃金よりも地代や株式などの資産から産まれる利益のほうが上がりやすいということです。

経済が成長するにつれて、あなたがもらえる給料は増えます。
しかし、それ以上に株などからの利益が増えるというわけです。

つまり、サラリーマンで真面目に働いて稼ぐよりも株や土地に投資して資産を築くほうが効率的になってくるのです。

多くの人は投資するのに十分なお金を持っていない

であれば、株や土地に投資して稼ごう、と思うかもしれません。
ただ、多くの人は株や土地に投資するだけの十分なお金を持っていません。

もちろん投資すること自体は多くの人が可能ですが、額が小さすぎて十分な利益を稼げないのです。
例えば、年間1%の利益がでる金融商品があったとして、100万円買ったくらいではせいぜい年間1万円しか儲かりません。
これでは生活は不可能です。
一方で、10億円あれば年間1000万円儲かるわけです。
これだけあれば、利益だけで十分に豊かな生活ができることでしょう。

さらに言えば、10億円持っている人にとってみれば100万円は小さいもので失ってもほとんど痛くありません。
一方で、100万円が全財産の人にとって100万円を失うことは大きな痛手になります。

このようなことから、お金持ちはよりリスクの高い利益率の高い金融商品を買うことができるのです。
さらに、高いリスクを管理する人もお金持ちは雇えるわけで、お金持ちは継続的に利益を上げやすくなるのです。

世襲によって格差は固定する

先にも述べたようにお金をはじめから持っている人がさらにお金持ちになっていきます。
お金をはじめから持っている人とは、すなわちお金持ちの親を持っているということになります。

つまり、親から子へ財産が受け継がれ、お金持ちはさらにお金を蓄えていくわけです。
一方で、貧しい人は財産を築けず、子供にも引き継げません。

結果として、お金持ちの子である人たちは多くの財産を引き継ぎ、富を拡大させます。
一方、貧しくて財産を残せない人の子は貧乏なまま、格差が固定化されてしまうのです。

こうして、貧しい人が貧しさから抜け出すためには、真面目に働くことではなく、お金持ちの子と結婚することのほうが可能性が高くなっていくのです。

解決策としてのグローバルな累進課税?

このような現状を打破するために、必要なだとピケティ氏が主張するのが資産への累進課税です。
累進課税というのは、持っているお金の額に応じて税金を徴収するというものです。
お金持ちから多く税金をとって、貧しい人からは税金を取らないようにするというものです。

しかしながら、この点には批判が少なくありません。
例えば、累進課税を進めていけば、大金持ちを夢見てビジネスでイノベーションを起こし成功しようとする人が少なくなるということがよく言われます。

さらに、特定の国だけで累進課税を進めれば、お金持ちは税金の安い国に引っ越したり、資産を移したりするようになると考えられます。
つまり、1か国のみが強力な累進課税を推進するのではなく世界全体で導入する必要があるのです。
しかし、世界の全ての国が足並みをそろえるのは難しいだろうと容易に想像できます。

では、どうすれば、というのが中々出てこないのが格差の問題の難しいところです。
どういう施策がとれるのか、社会の模索はこれからも続きそうです。

関連記事

あなたはどう思いましたか?



※承認制ですので、必ず表示されるようになる、というわけではありません。ご了承ください。

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑