2012年問題―主要国の国のトップが変わる時―

公開日: : テーマ解説

Rusty 2012
By stockerre

2012年は国際政治が大きく動く時です。なぜならば、アメリカ、フランス、ロシア、中国といった主要な国のトップが変わる可能性があるからです。このように2012年に主要国のトップが変わることを2012年問題と言います。今回は、これらの国の政局を見ていきましょう。

アメリカ合衆国

いわずもがな、アメリカは超大国です。今の大統領は、オバマ大統領です。アメリカには、日本の国会にあたる連邦議会というものがあります。日本との違いは、共和党と民主党という二つの党がほぼ全ての議席を取っており、ほかの党が影響力を持たないことにあります。 2012年には、アメリカで大統領選が行われます。オバマ大統領は、民主党でそのまま再選を狙うことになるでしょう。共和党については、今候補者を決める予備選挙というものが行われており、激しい争いになっています。

フランス

フランスの今の大統領は、サルコジ大統領です。2012年にフランスも大統領選があります。IMF(国際金融機関の一つ)のトップであったストロスカーン氏が有力な候補とみられていましたが、アメリカ滞在中にスキャンダルを起こし、立候補しないことになりました。このスキャンダルは、ホテルの従業員が強姦された、というものでしたが、実際にはそのような事実はない、と最終的には判断されました。何者かが失脚させようとした可能性が多分に考えられます。

ロシア

ロシアは、今少し荒れています。ロシアの今の大統領はメドベージェフです。プーチンという人がナンバー2である首相をやっているのですが、彼は以前二期連続で大統領でした。三期連続で大統領になることはロシアの憲法で禁止されているために、メドベージェフに立場を譲ったものの、今年の大統領選に再び立候補することを決めました。 これに対し、野党が中心となって大規模な政権批判の集会などが開かれています。去年行われた議会の選挙で不正があったのでは、という疑惑も助長しているようです。

中国

中国のトップは、国家主席といいます。今の国家主席は、胡錦濤です。次期の国家主席は決まっており、習近平となります。中国は成長の勢いが以前程なくなってきており、どういうかじ取りをするのか注目されます。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑