沖縄へのオスプレイ配備問題:沖縄の戦略的重要性

公開日: : 日本と世界

オスプレイの沖縄への配備というと、テレビなどではオスプレイの危険性ばかりが注目されています。
確かにオスプレイの危険性についても大事なのですが、オスプレイ配備が地域の安全保障にどう影響するのか、といった大きな視野で見ることも重要です。
今回は、アメリカが沖縄にオスプレイを配備する意図を考えてみましょう。

米軍にとって沖縄の戦略的重要性

沖縄は軍事的にとても重要な位置にあります。東アジアでの国際問題は、尖閣諸島をめぐる中国と日本・台湾と中国・核兵器を保有する北朝鮮などがあります。沖縄は、これらの地域に近く、もし紛争が起こった時に対応がしやすいのです。また、沖縄はシーレーン(海上交通路:海の航路、貿易にも安全保障にも大事。)上にあり、シーレーン防衛の観点からも重要です。
米軍が沖縄に基地を置く理由は、日本の防衛のためという理由もありますが、実際のところは東アジアの安定のため、といったほうがいいでしょう。貿易額の大きい東アジアが安定することでアメリカが経済的な利益を得ることができるからです。アメリカも好き好んで他国の防衛を担っているわけではない、と考えるのが妥当でしょう。
今回のオスプレイの配備も戦略的に重要な沖縄の基地の強化を図るものであり、強大な軍事力を持ちつつある中国との軍事力のバランスをとる、といった意味合いが強いように思われます。考え方にもよりますが、一般に軍事力が著しく異なるようになると相手国の様々な要求を受け入れなくてはならない状況に追い込まれやすくなります。

沖縄の負担

ただ、忘れてはならないのは沖縄の人たちの負担です。基地周辺では騒音被害に加えて、米兵による犯罪もあります。加えて、今回のオスプレイの問題ではオスプレイの危険性もやはり問題です。これについては、私も米軍基地の近くに住んでいないため実感がわきませんが、かなりの嫌悪感を持つだろうことは想像に難くありません。
沖縄の負担と地域の安全保障をどう折り合いをつけるのか、考えていかなくてはなりません。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑