これでわかる!?インフレターゲット政策はあなたの生活をこう変える!

公開日: : 政策


日本銀行

インフレターゲット(インフレ目標、物価目標)を設定する、と安倍政権は主張しています。しかし、実際のところインフレ目標が設定されたことで生活がどう変わるのか、不安な方も多いと思います。そこで、今回はインフレターゲットの前提となる、インフレ・デフレの意味・影響について確認し、インフレターゲット政策が庶民の生活にどのような影響を与えるのか、考えていきます。

インフレとデフレとは?

まず、インフレターゲットを説明する前に、インフレ(インフレーション)について説明します。インフレとは、平たく言うと物の値段が上がり続けることです。

例えば、ここに1個のりんごがあったとします。1月にりんごは1個100円で売られていました。しかし、2月に八百屋さんに行くと、1個200円になっていました。このように値段が上がり続けることがインフレです。ここで注意していただきたいのは、インフレは通貨(ここでは、円)の価値が下がったことを意味するということです。

価格が100円から200円のように上昇する時、物価が上昇したと言えます。
一方で、100円で買える量は減りました。1月には100円でりんご1個買えましたが、2月には100円ではりんご半分しか買えません。このように同じ金額で買える量が少なくなったことを通貨の価値が下がったというのです。
なので、物価が上昇する=通貨の価値が下がる、ということなのです。

逆に、デフレ(デフレーション)とは物の値段が下がり続けることです。つまり、先ほどの例で言えば、1月にりんご1個100円であったのが、2月にりんご1個50円になってしまうことです。加えて、インフレの場合とは逆にデフレは通貨の価値が上がることを意味します。

inflation_and_deflation
インフレーションとデフレーション

インフレの影響

1.インフレになると円安になり(※1)、輸出がしやすくなるが、輸入はしにくくなる
インフレになると、先に述べたとおり、通貨の価値が下がります。通貨の価値が下がるということは、1ドル=80円だったものが1ドル=100円になる、というように円安(円がドルよりも価値がなくなる。)を意味します。円安になると、外国に住んでいる人にとって日本のものは割安になります。例えば、8万円のルンバ(自動掃除機)は、1ドル=80円の時1000ドル、1ドル=100円の時800ドルになります。なので、輸出が増えるわけです。逆に、日本に住んでいる人にとって外国の商品は割高になり、輸入は減ります。

2.インフレになると貯金も借金も目減りする
また、インフレの時は、貯金もローンも減ります。1000円の借金があるとしましょう。りんごが1個100円のとき、借金はりんご10個分になりますが、りんごが1個200円のとき、借金はりんご5個分です。貯金についても同じです。

インフレターゲット政策が生活に与える影響

1.給料が上がる?下がる?
インフレ目標支持派は、物価の上昇 → 企業の利益増大 → 給与の増加 というシナリオを考えています。こうなれば、消費がまた盛んになり、いい循環が起こります。

しかし、インフレ目標反対派は、物価の上昇 → 企業の利益増大 で企業が利益を貯め込んでしまい、賃金に反映されない、というシナリオがありうる、としています。そうなると、物の値段はあがるのに賃金は増えないスタグフレーションという状態に陥ります。(最悪の状態です。今よりも買えるものが少なくなります。)

2.インフレになると貯金は減る、借金も減る
これは先に述べたとおりで、貯金も借金も減ります。一般的に、インフレから貯金を守るには、外貨で預金をする、金などの価値の高い商品を買っておく、といったことが考えられます。

3.円安になれば、輸出企業が儲かる
現在、日本は円高の状態です。円高であると、輸出はしにくくなります。家電や自動車など日本には国際競争力のある商品があるにもかかわらず、円高のせいで輸出が思うようにのびなかった、という人もいます。

しかし、安倍政権がインフレターゲット政策を行うといったことから、円安の方向に円相場は動いています。実際に円安になれば、先に述べたように、家電や自動車など輸出が増え、景気が回復するのではないか、という意見もあります。

4.円安になると、電気代が高くなる、
しかし、一方で先に述べたように、円安になると、輸入品が高くなります。特に、日本は石油や天然ガスといったエネルギー源のほとんどを海外から輸入しているため、エネルギーコストが増加する、と考えられます。つまり、電気代やガス代があがり、生活だけでなく、企業の生産コストも増えるのではないか、という意見もあります。

※1 インフレ=円安と必ずしもならない、とする人もいます。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑