学校に体罰は必要か?:体罰容認派と反対派の主な意見のまとめ

公開日: : 教育

体罰は必要悪なのでしょうか?大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の男子生徒が体罰を理由に自殺してしまったことから、体罰についての議論が活発になりました。そこで、今回は体罰を容認(賛成)する人たちと、反対する人たちの主な意見をまとめていきます。

体罰の定義と法律上の扱い

まず、体罰容認派も暴力については批判しています。暴力とは、不満解消・虐待のためというように感情の高まりによって他者を傷つけることを意味します。一方で、体罰とは教育指導上の理由からある程度まで痛めつけるものです。具体的には、ビンタ・ゲンコツ・廊下に水の入ったバケツを持って立たせる、といったことが挙げられます。もちろん、ビンタであっても顔が腫れあがるまで行う場合はもはや体罰とは言えないでしょう。後に述べますが、体罰と称して暴力が行われていることが多々あるのが現状と言えます。

次に、法律上の体罰の扱いについてですが、学校教育における体罰は禁止されていますが、家庭教育における体罰は禁止されていません。つまり、現在学校教育では体罰反対派の意見が取られていることになります。

体罰容認(賛成)派の主な意見

  1. 規律の維持
  2. 体罰容認派は、子供は悪いことをするものであり、正しいことと悪いことの区別をつけられるようになるには、悪いことをしたときに痛みつけて、悪いことをした、ということを体で分からせる必要がる、と考えています。ただ叱るだけでは、反省したように見せかけまた同じすることをするのです。特に、暴力的な行為をいとわない、いわゆるヤンキー高校のような不良の多い場所では口頭で叱ったところで意味があるのか疑問があります。

  3. 先生の威厳を保ちたい
  4. もし先生が手を絶対に出さない、ということを生徒が分かっていると、逆に体罰が行えないことを逆手にとって悪さをすることが考えられます。全ての先生が、全ての生徒から尊敬をうける存在になることは現実的に不可能であり、正しい体罰によって指導者としての威厳を保つ必要があります。

  5. 部活において、チームを奮起させる
  6. 人間は時に魔がさし、だらけてしまうものです。もし、一人がだらけてしまうと、部活であればチーム全体の雰囲気がだらけたモードになる、ということが考えられます。士気を高めるためにも、体罰は必要であるのです。

体罰反対派の主な意見

  1. 暴力を問題解決の手段として認識してしまう
  2. 先ほど述べたように、体罰とは暴力とは異なるものですが、実際に体罰を受ける生徒からすれば、暴力として認識されることも大いに考えられます。もし、生徒が規律を保つためにはある程度の暴力が必要だ、というように捉えてしまえば、暴力がはびこることになってしまいます。

  3. 体罰がエスカレートする可能性
  4. 体罰と暴力というのは、線引きがかなり難しいです。体罰を容認してしまえば、体罰と称して暴力を行う教師もでてくるでしょう。

  5. 体罰をしても、怖い先生を避けるだけ
  6. 体罰を行うようになったとすると、教師の前での悪さは少なくなる、と考えられますが、一方で指導者の目の届かない場所での悪さが増える可能性があります。結果として、生徒の悪事が見にくくなるだけで体罰は意味がないのです。

  7. 部活において、チームが委縮する
  8. もし日常的に部活で体罰(本記事の定義では暴力になるようなことも)が行われていれば、部員が委縮してしまい、結果としてパフォーマンスが下がってしまいます。


    本記事は、コメントを募集します。体罰の体験談や意見があればコメントください。(承認制ですので、すぐには表示されませんし、必ず表示されるようになる、というわけではありません。ご了承ください。)

関連記事

みんなの意見

  • 吉村大志

    体罰はやってはならないことです。愛情表現とか気合いを入れるためと言うがおかしいと思います。その学校の先生も自分は偉い指導者だから体罰をやっても問題ないだろうと思ってるけど指導者としても人間としても失格だと思います。本当にすごい指導者だったらばせんしゅと一緒にプレーしてここはこうするんだよとかそういった指導者だったらせんしゅもイキイキできるし強いチームになるんだと思います。

         2014年1月28日1:18 PM   
  • 現職

    小学校教員です。まず大前提として、生徒に怪我を負わせてしまうような「暴力」と一過性の痛みを伴うゲンコツ程度の「体罰」は違う。「暴力」は絶対反対だが「体罰」は状況、程度、回数において限定的に容認されるべきだと思う。

    荒れた小中高の教員は生徒の体に触れただけで、生徒が体罰と大騒ぎ。生徒を叱ったら、先生に肩を強く叩かれたとか言えば、その教師は処分される。これが現場の実態であり、その結果、生徒が何をしても見て見ぬ振りする教師が増えました。最高裁までいった小学校の講師の事件を思い返せば、最終的には処分取り消しとなったが、あんな面倒な事になるのはどの教師だって避けたいだろうし。「体罰」か「暴力」かの線引きを主たる管理職がしっかり判断できればいいんだろうけど、何でも「体罰」と騒がれては、面倒な指導に関わりたくなくなるのは仕方がない。

    今回、急に「体罰」に厳しくなったのは大阪の高校の自殺があったからだ。だが、あれは無能な役人や調査委員会が自殺の原因が「体罰」があったからとはやとちりしたから。一部のメディアや教育研究者の間で既に議論されていたが、自殺の原因は教師による「虐め」である。人間は「精神的な苦しみ」で追い込まれる。現に、虐めによる自殺は多いが、「体罰」で自殺なんて過去に聞いたことがない。

    アメリカだってイギリスだって限定的に体罰は容認されている。暴力教師は反対だが、どうか熱心な教員が生徒指導に無関心にならないようにしてもらいたい。

         2014年2月1日12:50 PM   
  • 晶子6年父

    私の息子ですが恥ずかしながら問題児であり呼び出しは多数あります。
    しかし、3学期に入り一人の教師から体罰と取れる話を息子から聞きました。

    体育館で掃除中、バスケットボールで数人の友人とふざけて遊んでいたところ、
    その教師が
    「何をしているんだ」
    と叱り、友人の一人が教師にボールを渡したとき息子が、
    「何渡してんだよ」
    とふざけ言った時にその教師が、息子にボールを投げつけ、腹部に当たりました。
    また、息子に対し
    「お前は親の言うことだけはペコペコ聞いて情けないなぁ」
    と茶化すなどの行為がよくあります。
    これは体罰なのでしょうか?

         2014年3月12日7:51 AM   
  • きょくりょうたろう

    自分はサッカーを、しています
    僕のコーチは体罰で訴えられました
    訴えた人がにくいです
    訴えたのはチームの人じゃありません
    対戦相手のチームの保護者が訴えました
    僕はその人が暴力を振るうとしっていて
    そのチームに入りました
    体罰ともなんとも思わなかったからです
    チームのみんなもそうです
    そのコーチを信頼してました
    誰1人体罰とは思いませんでした
    そのコーチはとてもいい人でした
    体罰ってなんすか?

         2016年4月21日1:30 PM   
  • どこかの人

    殴られたり 蹴られたりされて分かるのは
    痛みだけです。

    体罰はいりません。

         2016年4月30日4:15 PM   

あなたはどう思いましたか?



※承認制ですので、必ず表示されるようになる、というわけではありません。ご了承ください。

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑