マスメディア(マスコミ)は、人の意見を変えることができるのか?

公開日: : テーマ解説

Young journalists look at how to report on the economic crisis
by European Parliament

マスメディア(マスコミ)とは、テレビ、新聞、雑誌などを指します。

マス(mass)というのは、「大衆」という意味で、多数の人に向けて情報を発信するものです。
多数の人に、情報を発信するのですから、大きな影響力を持っているのではないか、と容易に想像できると思います。

時にマスメディアは、政治家の政治生命を奪ったり、人気を下げたりもします。
先週も、副総理と財務相を兼務する麻生太郎氏が失言をしました。

では、マスメディアは実際どの程度の影響力を持っているのでしょうか?

今回は、麻生太郎氏の失言を例にマスメディアの影響力についてお話しします。

マスメディアに洗脳する能力はない?

先週、政権要職につく麻生太郎氏がドイツのナチス政権を肯定するとも受け取れる発言をした、という報道を多くのマスメディアが行いました。
ナチス政権とは、1933年から45年にかけてのドイツの政権でユダヤ人を虐殺したこともあり、世界で否定的に見られています。
要するに、日本のお偉いさんが非道の限りを尽くした政権を肯定するかのような失言をしたというニュースです。

このニュースに対し、あなたはどう感じましたか?
麻生太郎氏の支持者であれば、「おいおい麻生さん、ちょっと失言は勘弁してくれよ。」だとか「趣旨的には問題ないのではないか。」だとか、思うことでしょう。
支持しない人であれば、「このような人が政府の要職についているなんて信じられない。辞職しろ。」と言うでしょう。
無関心の人であれば、「お偉いさんが、なんか悪いこといったんだ。」と感じるだけでしょう。

ここで注目してほしいのは、ニュースを見る前と後で、支持・不支持・無関心がほとんど変わらないということです。
多くの人は自分の都合にいいようにニュースを受け取ると言われます。

マスメディアというのは人々を洗脳して、意見を変える能力があると考えていた人もいたかもしれません。
しかし、このような説(専門的には、強力効果論と言います。)は、様々な研究調査で正しくないのではないか、と言われています。

ただ、議題を設定することはできる!(議題設定機能)

先に述べたように、多くの人はニュースなどを自分の意見を補強するために使います。
とすると、マスメディアは見たり聞いたりしている人になにも影響を与えないのか、というとそうではありません。

特定のテーマについて、多くの人に考えせることができるのです。(議題設定機能)
例えば、経済政策についてのニュースがあれば、経済政策について考えることでしょう。
死刑制度についてのニュースがあれば、死刑制度について考えます。

このように、マスメディアは違う意見を押し付けることはできませんが、社会に対して問題を投げかけることがマスメディアには可能なのです。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑