アメリカの政府閉鎖の原因と今後最悪のシナリオ(デフォルト):米債務危機問題

公開日: : アメリカ合衆国(北米)

Closed!
by Victoria Pickering

アメリカでは、今政府機関の一部が閉鎖される状態になっています。
にわかに信じがたいかもしれませんが、国が運営している動物園や施設などが閉鎖されてしまっているのです。

どうしてこのような事態になってしまったのでしょう?そして、今後、どのようになってしまうのでしょう?
今回は、米債務危機問題のお話です。

国債とは?:アメリカ国債の重要性

今回のお話を理解するには、まず国債について知らないといけません。

国債とは、国の借金のことです。
国がどこから借金するか疑問に思う方もいるかもしれません。
国は、他の国であったり、銀行であったり、企業であったり、個人(自国民、他国民問わず)に借金をするんです。

タダでお金を貸そうと思う人は少ないですから、基本的に国も利子というものを付けてお金を借ります。
100万円の国債を買うと、10年後に105万円にして返します、とするのです。

特に、アメリカの国債は、人気が高いです。
というのも、アメリカは世界一の経済力を持っているからです。
皆さんもお金を貸すとしたら、収入の多い人のほうに貸しますよね?

そのため、日本をはじめ多くの国、主要銀行などがアメリカ国債を保有しています。

政府閉鎖の原因は、オバマ・ケア(医療保険制度改革)

アメリカでは、政府が無制限に借金するのを防ぐため、予算案というものを議会で通さないと借金ができないようにしています。
今回、オバマ・ケア(医療保険制度改革)と呼ばれる法案で政権与党と野党が対立してしまい、予算案が通らなかったのです。

アメリカは医療費が高いのですが、国による保険がないため、保険に入っていない人はなかなか病院にいけないという現状があります。そこで、オバマ大統領は、国民全員が加入する保険を作ろうとしているのです。これがオバマ・ケアと呼ばれるものです。

先進国ではこのような国民皆保険制度一般的なもので、日本でも健康保険などがあります。ただ、アメリカ人には、政府は極力何もしない方がいいという気持ちが強いです。そのため、多くの人がこの保険制度に反対しています。

そして、オバマ・ケアに反対する野党は、この予算が組まれている予算案は飲めない、として予算案が通らなくなってしまったのです。

この状況が続くとデフォルトに

現在の予算の上限額は、今月17日にも達するとみられています。もし、このまま予算案が通らなければ、アメリカ政府は国債によって借りたお金を予定通り返せなくなる可能性があります。(デフォルトと言います。日本語だと、債務不履行といいます。)

先ほども申しましたが、アメリカの国債は信頼性が高いとして多くの国や銀行に買われています。特に、日本は中国の次にアメリカ国債を持っています。

国内問題に端を発した今回の問題でしたが、もしもアメリカ国債のデフォルトが起こると、世界経済に大きな影響がおきるとして、全世界の人々が注目しています。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑