「過激な」イスラム原理主義?:イスラム教に対する誤解

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 テーマ解説

Three muslim women
by Emmanuel Huybrechts

イスラム教というのは日本人に馴染みの薄い宗教です。
馴染みが薄いが故に、少しニュースなどで耳にする過激なテロ行為を知るにつれ、危険な宗教というイメージがついている人も少なくないかもしれません。

実際のところ、イスラム原理主義とはどのようなものなのでしょうか?
イスラム教って怖いのでしょうか?
今回は、イスラム教についてのお話です。

イスラムの価値観?

イスラム教という宗教は、人々の生活に直接影響を与えます。
例えば、イスラムの教えの一つに「美しいところは人に見せてはならない」ということがあるため、イスラム教の女性は顔の周りをヒジャブという布で覆って隠したりしています。

欧米の価値観では、ヒジャブは女性差別の象徴として考えます。
しかし、イスラム教でこのようなことを推奨しているのは、魅力的な部分を夫や親族以外に見せないことで不貞の過ちを侵さないようにとしているのです。むしろ、女性を保護するためであるというのです。

これをイスラムの価値観と捉えるか、それとも打倒されるべき古い考え方と捉えるか、意見がわかれるところかもしれません。

イスラム教への回帰:イスラム原理主義(イスラム復興運動)

アルカイダのようなテロを行う過激な組織は、しばしばイスラム原理主義と紐づけられて語られます。
ただ、イスラム原理主義と呼ばれているものは、必ずしも攻撃的な思想というわけではありません。

例えば、かつて高等教育で欧米の価値観に触れた女性の中心にヒジャブをしない者も多くいたと言います。
しかし、近年、イスラム教徒であることを自覚し、ヒジャブをするようになった女性が増えたそうなのです。

このように、現在のイスラム社会は技術の進歩や社会の進展によって、イスラム教が描いていた社会と離れてしまった。
これはよくない。
だから、本来のイスラム教の理想とした社会に戻ろうというのが、イスラム原理主義と呼ばれるものです。

実際、多くのイスラム原理主義組織は、イスラムの教えにのっとり、学校をつっくたり、病院をつくったり、貧しい者を救うなど慈善活動をしているのです。

しかし、一部の過激な組織はイスラムの本来の姿を取り戻すためには現在の政権をテロも辞さず、打倒するしかない、と考え、行動しています。
それが、今私たちがよく目にする「イスラム原理主義」なのです。

関連記事

みんなの意見

  • 匿名

    誤解から大切なこと見落としてしまっていると思った。一部の行動が、全体に影響を与えるのは、学校などでもよく見られる風景であると思った。しかし偏見の始まりはそういったことからだと思う。情報化社会を主張する現代なら、正しい情報という扱いをもっと上手になるべきだと思う。

         2015年4月19日2:53 PM   

あなたはどう思いましたか?



※承認制ですので、必ず表示されるようになる、というわけではありません。ご了承ください。

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑