クルド人問題-国を持たない世界最大の民族-

公開日: : 中東

kurd kurdistan
by jan Sefti

私たちは、国に属していることで安心を感じることがあります。
私たちは日本人で日本という国に属している。
そんな風に考えられるのは幸せなことなのかもしれません。

というのも、私は○○人だ、と感じながら、その民族が多数派である国がない場合があるからです。
中東にいるクルド人もそうです。
なぜ、クルド人は国を持てなかったのか。そして、どういう問題に直面しているのか。
今回は、クルド人問題のお話です。

国境で生活するクルド人

クルド人は、主に中東のトルコ、シリア、イラクなどにまたがる地域で生活しています。
クルド人の人口は、約2500~3000万人と言われ、シリアやイラクと同じくらいの人口を有しています。

彼らの住んでいる地域は、昔から大きな国が対立するちょうど境になりました。
国と国との力関係の中で、クルド人は分断され、別々の国家に属することになってしまいました。
その構図は、今も変わらず、現在はトルコ、シリア、イラクなどとバラバラな「国民」となってしまっているのです。

弾圧されるクルド人

それぞれの国に属してしまったクルド人たちは、様々な苦難に直面します。
例えば、トルコでは、クルド人は存在しないとされ、「山岳トルコ人」であるとされてしまいました。
クルド語やクルド人の文化は否定されてしまったのです。
また、イラクでは、隣国と戦争した際に敵国に協力したなどとされ、大量虐殺がおこなれました。

クルド人が迫害されたことなどもあり、クルド人たちの中にも過激な思想を持つ人たちがうまれます。
テロやゲリラ攻撃をしてでも、クルド人の国家をつくろうという集団です。
このことは対立を深めることになります。

クルド人問題の難しさ

クルド人を有する国としては、独立を認めるわけにはいきません。
国土を失うことになり、国力を失うことにもなるからです。

しかし、一方でクルド人は今属している国では多数派になることができません。
もし、クルド人たちが国境を越えて集まったら多数派になれるのに。

ただ、近年、ヨーロッパ諸国からの強い働きかけもあり、最大のクルド人居住地を有するトルコで権利改善の動きも強まっています。
根本解決への道のりは長く険しいかもしれません。
しかし、双方が何らかの形で妥協するような案がうまれてくることを願いましょう。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑