危険ドラッグ(脱法ハーブ)を取り締まれ!

公開日: : テーマ解説

drag
by Tambako The Jaguar

薬物が日本を蝕み始めています。

日本では、覚せい剤、大麻、といった違法薬物の使用率は他の国々と比べ、極めて低い水準にあります。しかし、近年、合法ドラッグ、脱法ハーブなどとも呼ばれる危険ドラッグが日本で蔓延し始めています。

どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか?
今回は、危険ドラッグについてのお話です。

広がる危険ドラッグ

 危険ドラッグとは、合法ドラッグ、脱法ハーブなどともいわれるように、法律の抜け道をついたとしている薬物です。(実際には、脱法ハーブなどと謳いながら違法薬物が含まれている場合もあるようです。)

 覚せい剤や大麻は公で販売すればすぐに警察に捕まえられてしまいます。しかし、危険ドラッグは、法律で禁止された薬物ではないので、販売するだけですぐに捕まえることができません。薬物として売って初めて違法となります。
そのため、お香やバスソルトなどとして、雑貨屋などで堂々と売られてしまっているのです。

規制を逃れ強くなる毒性

 もちろん政府だって見ているだけではありません。麻薬である薬物が見つかるたびに規制をするといったことをしています。しかし、新しい薬物を作ることは比較的容易で、「いたちごっこ」になっているのが現状です。

 さらに悪いことに、近年、規制をかいくぐるためにできた薬物の毒性が強くなってきているのです。実際、危険ドラッグを取りすぎたことによる死者も急増しています。

有効な取り締まりは見つからず?

 先ほども述べた通り、政府も規制する薬物を増やしています。しかし、規制をかいくぐる商品がどんどん販売されてしまっているのです。

 さらに、大麻や覚せい剤といった既存の麻薬には簡単に検査をすることができるキットが開発されています。しかし、危険ドラッグは簡単に検査できるキットがなく、検査に時間がかかってしまうことも取り締まりを難しくしています。

 そのため、現在は疑わしい商品を販売しているお店に対し、検査結果がでるまで販売を中止させるといった手法を取らせることを考えているようです。

 ただ、これも万全の対策とはいいがたく、危険ドラッグの取り締まりの難しさに直面しているといえます。

関連記事

あなたはどう思いましたか?



※承認制ですので、必ず表示されるようになる、というわけではありません。ご了承ください。

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑