ナチス・ドイツは何をしたのか?:アウトバーンとホロコースト

公開日: : ヨーロッパ

Old photos, Berlin,Germany
by Berit Watkin

1933年。
今から約80年前。
ドイツでは、汚点とも言うべき歴史が始まりました。

ナチス・ドイツです。
ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(通称ナチス)がドイツで政権を取っていた時代をナチス・ドイツと言います。

現在では、ほぼ全ての場合、ナチスのようだ、ということは悪い意味でつかわれます。
では、実際に、ナチス・ドイツでは何が行われたのでしょうか。
今回は、ナチス・ドイツについてのお話です。

どうやって、ナチスが政権を取ったのか?

ナチスがドイツで政権を取る前、全世界で景気がとても悪くなりました。(世界恐慌)
ドイツも例外ではなく、失業者であふれかえっていました。

そんな中、政治も混乱し、有効な政策を打てませんでした。 閉塞した社会状況の中、人々は強力な指導者、そして、社会の大幅な変化を求めるようになります。

こうして勢力を伸ばしたのが、ナチスでした。
政治的に敵対的な勢力を次々と暴力的に排除して、政治基盤を確立させていきます。

そして、1933年、ヒトラーが首相となり、ナチス内閣がうまれます。

失業者をほぼ0にしたナチス

ナチス・ドイツが最初に取り組んだのは、国内の経済対策でした。
先ほども述べたように、失業者があふれかえっているのが大きな問題になっていたからです。

そこで、アウトバーンと呼ばれる自動車専用道路を作ったり、軍備拡大を中心とした公共事業を行います。

結果として、失業者をほぼ0にすることに成功し、ナチス・ドイツの支配体制はより強固なものとなっていきます。

人種差別、そして、ホロコースト

このように、かつて国民の絶大な支持を受けていたナチス・ドイツが絶対的に肯定されない理由は、人種差別政策にあります。

ナチス・ドイツでは、アーリア人が最も優れている人種であると主張し、その血を最も純粋にひくのがドイツ人である、としたのです。
つまり、ドイツ人以外は劣っている人種として扱われ、特に国内にいるユダヤ人は根絶やしにされるべきだ、と考えました。

そして実際に、ただユダヤ人だからという理由で、強制収容所に送られ、殺される、ということをナチス・ドイツでは国家として行ってしまったのです。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑