日本の最南端、沖ノ鳥島をめぐる政府の滑稽な攻防

公開日: : 政策

Okinotorishima
by Rockien

日本最南端の島、沖ノ鳥島。

沖ノ鳥島には、北小島と東小島と呼ばれる2つの島があるのですが、二つ合わせても2坪程度の小さな島です。
満潮時には、北小島が約16cm、東小島が約6cm、海上に現れる程度です。

今にも水没しそうな島ですが、日本政府は約300億円もかけて、島の周りに消波ブロックを置き、コンクリートで固める、といったことをしています。
なぜ、ここまで躍起になって守っているのでしょうか?
今回は、沖ノ鳥島のお話です。

沖ノ鳥島によって日本が得られるもの

実は、日本は沖ノ鳥島があることで大きな得をするのです。

国土から200海里(約370km)を排他的経済水域といい、その国が優先的に魚などの水産資源や海底にあるマンガンなどの鉱物資源を取っていいという決まりがあります。(国連海洋法条約)

320px-Okinotorishima-en

沖ノ鳥島は、太平洋上に浮かぶ島で、周りに島がありません。
そのため、沖ノ鳥島があることによって、日本の国土と同じくらいの排他的経済水域が得られるのです。

さらに、軍事的にも重要な地域であると言われています。

沖ノ鳥島は「島」なのか?

ただ、この沖ノ鳥島、議論を呼んでもいるんです。

冒頭に述べたとおり、満潮時には、北小島が約16cm、東小島が約6cm、海上に現れる程度です。

国連海洋法条約では、自然に形成され、満潮時に海面より上にあれば島と言えるとしています。
この点は、沖ノ鳥島はクリアしています。

しかし、一方で、「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。(第121条第3項)」とも言っているのです。

日本政府としては、岩というのが定義されておらず、沖ノ鳥島は島であるから第121条第3項は適用されない、と言います。
さらに、今、日本政府は、「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできる岩」なら、もし沖ノ鳥島が岩であっても、問題ないということで、港湾を整備しようとしたりしてます。

国益をめぐる滑稽な攻防

もちろん、中国をはじめとした近隣諸国は、沖ノ鳥島は岩で、人が住むこともできないから、排他的経済水域を主張することはできない、と日本を批判しています。
法律の言葉遊びをしているようなものです。

しかし、その中国も、沖ノ鳥島と同じようなスカロボー礁と呼ばれる小さな岩を島と主張してしまっているのです。

なんとまぁ、利己的な人間たちの滑稽な姿が映し出されます。

関連記事

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑