少年法改正をめぐる議論:あの少年は、守られるべきだったのか?

公開日: : 最終更新日:2015/03/02 政策

February
by Transformer18

私たちの社会は、この凄惨な事件をどう扱えばいいのでしょうか?

多摩川河川敷で、中学一年生の上村遼太さんが殺害された事件です。
事の顛末はこうです。
隠岐諸島、西ノ島から上村さんは先輩の介して不良グループと絡むようになった。
不良グループに入っていた上村さんがグループを抜けようとしたところ暴力を受けるようになった。
そこから抜け出そうと別の先輩らに相談したことを逆恨みされ、殺害されたと言われています。

この事件では、凄惨な事件にも関わらず少年法によって加害者の氏名などがマスコミで報道されないことや量刑が軽くなることに対して憤りを感じる人が多く、少年法を改正すべきとの意見も多く出てきました。

今回は、少年法の理念、そして私たちの社会は少年による犯罪にどう対処していくべきなのか、考えていきます。

少年法はどうして加害者を守るのか?

少年法はどうしてここまで加害者を守るのでしょうか?

それは、子供の判断能力は未熟で、過ちを犯すことはあるとしているからです。
年齢を重ねるにつれ、若い時の判断が間違いだったと気付くことはしばしばあることでしょう。

未熟な時に起こしてしまった罪は、罰するのではなく健全に成長するように社会が支えるべきというのが少年法の精神としてあります。
どうしてそのような罪を犯してしまったのか、少年の性格や置かれている環境から解き明かし、寄り添っていこうというものです。

被害者の感情と加害者の更生

しかし、そうはいっても被害にあった少年のことを考えれば加害者が軽い罰しか受けずに生きていくことに違和感を感じる人も少なくないでしょう。
感情的に、少年法の精神を受け入れられないと考える人も多いです。

実際、近年少年法は改正され、厳罰化の方向へ動いています。
子供だからといって、このような凄惨な事件を起こした人は大人と同等の罪を与えるべきだというのです。

私たちの社会は、罪を犯してしまった少年・少女をどのように扱えばいいのでしょうか?
未熟であるということを問わずに、大人と同等に罰してしまえばいいのでしょうか?
それとも、これからの未来を考えて加害少年にも寄り添うべきなのでしょうか?

私たちはあるべき姿を模索しなければなりません。

関連記事

あなたはどう思いましたか?



※承認制ですので、必ず表示されるようになる、というわけではありません。ご了承ください。

  • 2015/01/13 サイト名を「わかるニュース」に変更しました。

    2014/08/25 本サイトの記事が、日本語の教科書として使用されました。(Monty's Bridge to Tomorrow (モンティの明日への架け橋)のユニット8 (Unit 8 Energy)の11ページから13ページ)

    2014/01/13 サイトリニューアルを行いました。

  •  Author:あきひろ
     最新ニュースの中から話題のニュースを選び、できる限りわかりやすく解説していきます。「ここがわからない!」という点がありましたら、メールください!
     メールアドレスは、ak89newsあgmail.comです。(あを@に変えてください!)

PAGE TOP ↑